Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●GSX-Rのジムカーナでの問題点

 ってなタイトルですが、シビアに競技として取り組まないのならどんなバイクでも問題点なんてありません

 が、ある程度(ほんと、程度問題なんですが)本気でジムカーナに取り組もうとすると、GSX-R750Lというバイクは問題が山積みです。(笑)というか、バイク本来のもつ特性にそぐわない使い方をしている気がします。(いや、実際にそうだ)

 でもまぁ、転ばない程度に楽しもうとした場合、解決したい問題点は以下の通り。順次潰していく覚悟でおります。というのも、このジムカーナという競技、絶対スピードは低いのですが、ここで感じた不具合は街中でもサーキットでも本質的に抱えている問題点である事が多く、これらを解決するだけで、長所を活かしたまま、かなり乗りやすいバイクへと生まれ変わるケースが非常に多い為です。

1)低速トルクの無さ

 泣きたくなるぐらい低速がありません>私のR。これに関してやった対処は

2)ハンドル位置及び切れ角の無さ

 これまた泣きたくなる程.....っていっても仕方ないか。こういうバイクなんだし。まぁ、切れ角そのもの(左右30°)は増やすつもりが無いのですが、右タイトターンではタンクが邪魔、左タイトターンでは右ハンドルが遠い(いずれもストッパーまで当たるフルロックでの話)ってのがシビアなスロットル操作をしづらくしています。これに関しては

3)切り返しの重さ

 デビューの華々しい軽量さ(乾燥179kg。ちなみに再びこの数字にR750が戻るのに10年もかかりました)とは裏腹に、私のRに至っては乾燥198Kg(国内カタログ値)。実に20Kg近い重量増です。これがまた重いんだ。今のバイクとは違って重心位置も高い(主にタンクの形状が原因。満タン/リザーブでは動きが全く違う。最近のスーパースポーツはエアボックス形状の関係で実質的なタンクは車体中央に位置し、電磁ポンプで燃料を圧送します。90Lは勿論重力落下式です。)ので切り返しがほんと辛いです。高速での切り返しはスロットルワークとパワーでなんとかなるんですが、極低速での切り返し(BOX千鳥や3m以下のパイスラなど)は低速のパワーの無さとも相まって哀しくなりますね。これに関しては


GSX-R750Lで楽しむジムカーナに戻る
about my motorcycle lifeに戻る


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.