Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●海外通販でのパーツ購入 - その1「不満点の洗いだし編」

 さてさて10年落ちともなればそれなりにガタが出ていてもおかしくないし、なにより購入したのは中古車でしたので、前のオーナーがどのような乗り方、メンテナンスをしていたのかがさっぱり分らないのが不安ですね。

 購入時に一通りメンテして納車という手順を踏めば良かったんですが、馴染みの店ならまだしも、初めて購入する店ではそれも難しいものがありますね。購入時のメンテ内容はこちら。一応、目視の上、交換箇所をこちらから提示しました。煩い客だと思われるのも嫌ですが、あとで揉めるのももっと嫌なので。

 ま、かなり良心的なバイク屋さんだったので問題がある箇所はキチンと申告してくれるはずで、その点では信用しています。

 で、前回のリアタイヤ交換でのチェックポイントは

ってところでした。なかなか上出来な結果ですね。前のオーナーが案外きちんと整備していたのかも知れません。(チェーン周りは購入時に自身でもチェック済みだし、メンテもへたすりゃ700Km毎にしてるんでその辺もこの結果の原因かも知れません)

 あとはフロント周りなのですが、こちらもこれといって不具合を感じないんですが、強いて言えば、

位です。フォークオイルに関しては前回の交換時期が全く不明なのでなんとも言えませんが、どうも減衰がしっかりと効いていない感じがします。まぁ、アジャスタがあるのでその範囲内で収まっていますし、オイル洩れも一切無いのですが、圧/伸びとも、スコ〜〜ンと入ってスコンと戻る感じがします。フルバンクでのフロントの接地感もなんか稀薄だし。(これはフロントタイヤの磨耗も関係ありそうですが)これについてはこの冬にO/Hの予定です。

 それよりも厳しいのはリアのサスペンションです。まず、スプリングの設定荷重....というか、設定体重が重すぎる気がします。もっとも私の体重が軽すぎる(173cm、51Kg)のも一因なのですが、プリロードは限界まで抜いてやっと1G'がギリギリ設定できる感じです。減衰も大きすぎる感じがし、タイトターンでスロットルオープン→ケツが流れるってパターンで困っていました。(圧側の調整でかなり解決。だけど、伸びは最弱でもまだ強い。経年変化でへたっているはずなのにこれなんですからちょっと苦しいです)

 パーツリストを調べてみると、案の定、リアのサスペンションがアッセンブリーで国内モデルとは違うパーツ番号ですね。(笑)SUZUKIもなかなか細かい仕事をしてますね。

 リンク周りの洗浄/グリスアップをしてもさほど改善せず。O/H、バネの特注及び車高調整キットの追加までを一応考えたんですが、合計金額は2+1+3.5+税=7万円弱。(いや、車高調整はMUSTじゃないんだけど。それにしても足下を見た値付けですね>バイクパーツ。いくら削りだしだって言っても…)国内モデルの純正部品はアッセンブリーで4万円強。

 それだけの金額をかけるならいっそ社外品を… と見渡しても国内で売られている外国製パーツは高い!!折しも円高、そして現在にはWEBがある。ということで本格的に調査(笑)を開始しました。

 狙うブランドはPENSKEです。 

つづく


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.