Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●リアブレーキの小径化

【07.06.02】


ノーマルパーツの割りには結構凝った肉抜きのR750K4-5のリアディスク
ホイール、洗わないと…(汗

 ってな訳で、改造ネタ自体がかなり久しぶりになってしまいましたが、懸案であったアブレーキの小径化にようやく着手出来ましたのでざっとレポートなど。

 このネタ自体はかなり昔から暖め続けてきたのですが、部品の手配をYahooさんのオークション中心で動いていた為、出品がある→入札する→あっさり競り負ける…の繰り返しをかれこれ2年近く続けたのかなぁ…(泣 安いときは安いみたいなんですけどねぇ。まぁ、オークションそのものもそれほど頻繁にチェックしている訳ではないですし、GSF1200用のディスクに換装してからそれほど間がないって事もあって、あんまり急いで換装する必要も感じていなかったってのが本音だったりして(汗

 ただまぁ、ディスクの換装後丸5年半、49000km弱も経過したって事で磨耗チェックをしたところ、結構減っていた為に慌てて部品を手配の上換装となった次第です。キャリパー脱着が難なく出来ていたので磨耗に関しては殆どノーケアだったんですけど、ライディングスクールのインストラクターなんぞをやっておりますので、一般の方から比べるとリアブレーキは酷使傾向にありますから、走行距離に対する磨耗状況はあんまり参考にならないかも。

 上に乗っているのが今回手配したGSX-R750K4-K5の純正リアディスクローターです。ディスク厚はT=5mmで、磨耗限度は4.5mm。

 初期型GSX-R750のリアディスクローターも同じφ220mmなんですが、ディスク厚がT=6mm(磨耗限度5.5mm)もあるみたいなので、格好もイイですし、年式の新しいものを手配しました。品番は 69211-18G00 でお値段は10500円(税抜き)とかなりリーズナブルでした。

 ローター径が240mm→220mmと、半径で10mm小径化されますので、キャリパーサポートも交換する必要があります。アクスル径は同じですので、こっちは初期型GSX-Rのものを手配。オークションでしょっちゅう競り負けるのでよっぽど高騰しているのかと心配しましたが、新品単価は6100円(税抜き)でした。肉抜きが随分エロチックですね(笑)

 サポートの中に挿入するスペーサーは後期型と同じ品番なので使い回しても良かったんですけど、せっかくなのでセットで注文。こっちは1300円(税抜き)です。

 撮影の為にスペーサーを組んじゃったんですが、新品のオイルシールがかなりキツくて取り外すのが大変でした(汗

 左が初期型用、右が後期型用のリアブレーキキャリパーサポート。

 随分いい加減な比較写真ですが、両サポートともオフセットは同じですので、換装するだけでキャリパーのセンターは出る筈です。


 リアブレーキはリジッド化済みなのであまり神経質になる必要もありませんが、フローティング構造のキャリパーサポートとスペーサーにグリスを詰め、ホイールにディスクを組み付けてゆきます。

 ディスクローターを取り外し、ネジ穴をタップで掃除したあとかな。

 以前ディスクを交換したときにはボルトを使い回し、ネジロックも使用しておりませんでしたので比較的簡単に取り外し出来ましたし、ネジ穴も奇麗でしたが、初めて取り外すときはしっかりした工具で確実に作業して下さい。このネジを舐めるとかなり悲惨だと思います。

 せっかくなので手配したローター用のボルト。1本130円(税抜き)で、これが5本必要です。

 ご覧の通り、メーカー出荷時に嫌気性のネジロック材が塗布済みですので、次回の取り外しのときは要注意だなぁ…

 バーナーであぶると比較的楽に緩められるらしいです>ネジロック塗布済みのネジ

 これが換装前のφ240mmのリアディスクローター。ディスクはGSF1200用です。

 で、こっちが換装後のφ220mmのリアディスクローター。一部の部品だけが新品ってのもなんだかなぁって感じですが(笑)、私は雨でも走るのですぐに馴染むでしょ、きっと。

 小径化によってキャリパーが相対的に後方に引かれたので、上の写真と比べると角度が随分自然に見えますね。…っつか、これはまだチェーンを引く前だな(汗

 あ、交換時の走行距離は90128+8657=98785kmでした。

 っとまぁ、こんな感じで交換自体はこれといった山場もなく、無事に終了しました。実作業時間で1時間も掛からなかったかも。

 で、今回の小径化に一体どんな意味があるのかというと、結局は「小径ローターの方が見た目は絶対格好イイ!」って事に尽きちゃう訳なんですけれど(汗、

あたりを一応念頭には置いております(笑) まだ乗ってませんのでフィーリングについてはまた追記しますが、

っと、合計で約240g程の軽量化にはなった模様です。…きっと体感は出来んな(汗

 純正部品は在庫に対して税金がかかる関係で毎年値上がりしてしまいますので、肉抜きのデザインさえミスマッチに感じなければ、初期型のオーナーさんも交換時には最近のディスクに交換するのもいいかと思いますが、ディスク厚が1mm(油冷後期の場合は0.5mm)も違いますので、センターを出す為にM8、0.5mmのシムでキャリパを少し奥に動かす必要があるのと、熱容量が確実に下がる為、対フェード性は悪化しますので、リアブレーキを多用する方は気をつけた方がイイかと思います。特にリアブレーキが220mm→240mmに大径化された後期型をあえて小径化するのは、車重等を考えるとかなりリスクが高いと思いますので、換装される方はくれぐれも自己責任でお願いします。

 おまけ:

 約49000km使ったGSF1200ローターの内側。

 新品のときはハブ側から全てツライチだったので、こうやってみると結構減ってますし、指でなぞるとはっきりと段差がついてます。

 ただ、パッドの当たる摺動面はそれほど酷い偏磨耗は見られませんので、メンテナンスの甲斐はあったのかもしれません。

 当然廃棄はせず、このまま物置の在庫となりました(笑)

 そうそう、今回の換装は、PhotoBBSに投稿頂いたbobuさんの書き込みをかなり参考にさせて頂きました。どうもありがとうございます。キャリパーもいつか替えたいなぁ…

 また、今回の部品代(税込み合計:19447円)はこのサイトの広告収入から支出させて頂きました。規約等もあり、あまりこの件は触れる事が出来ないのですが、皆さんには大変感謝しております。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.