Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●2回目の車検

【10.06.06】


これでまた2年は乗れます♪

 ってなわけで、こないだ通したばかりな気がしてたのに、はやくも車検の季節がやってきた訳で… 時が経つのは早いなぁ(汗

 油冷機時代からずっとGW時期に車検満期を迎えておりましたので、連休中の平日にユーザー車検ってのがマイパターンとなっておりましたが、今年は痛恨のカレンダー通り出勤となってしまい(泣、自分自身で陸運局に赴く事が不可能な状況となってしまいました… トホホ。ま、嘆いてばかりいても仕方が無いので、整備だけは自分でやって、いわゆる「代行ユーザー車検」を懇意にして頂いてる国際ライダーN氏にお願いすることに。

 で、自賠責の継続と事前整備は懇意のバイク屋さんの軒先をお借りしてDIYという、まさに「鬼のような客(既に客ですらない気もしますが…)」に成り下がってしまいました(汗 以下、今回の車検に向けた整備の大まかなレポです。

 水冷車は久しぶりなんで、整備の勝手がよく分りませんでしたが(笑、これはクーラントを抜いて、ラジエターの中を水洗いしたところかな?
  一応、オーバーヒート対策として、ラジエターキャップを新品に交換してみました。
 で、車検整備って訳ではなかったのですが、フロントフォークのオイルも交換する事に。
 長いニードルが特徴的なR750K4のフロントフォークですが、基本的な構造は慣れ親しんだSHOWAさんの倒立です。スプリングのカラーが樹脂だったのにはビックリしたのと、特殊工具を掛けるカラーの穴の直径が小さくて、ハンダゴテで穴径を急遽拡大しました。

 そうそう、このフロントフォークですが、トップキャップを外し、スプリングを抜くと、アウターチューブとインナーチューブが何の抵抗も無くスポッと分離しちゃってしばし呆然としてしまいました… 昔の倒立はストッパーを外して、インナーチューブをガンガンと引っ張って、スライドブッシュやオイルシールごと引き抜く構造になってたんですが、最近の倒立は違うんですねぇ。

全般的な特記事項

 抜いたフォークオイルはそれなりに汚れてましたので、やはり2年に一回ペースで交換するのが本当はイイんでしょうね。今回はスズキ純正の倒立用(L0)を使用しました。

掛かった費用

 …知らない間に二輪の重量税が減税になってたんですね… 

総括

 まだ、N氏から代行手数料の請求が来てないので(汗、今回の車検が総額幾らになったのか不明です(笑 けどまぁ、今回はタイヤも前後換えたし、諸々の部品代やらを併せると結構出て行ったなぁ…(泣 この先ちゃんと維持出来るのかが心配ではあります(汗


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.