Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●'89R750RKのマフラーは付くか?

 

 GSX-R BBSでRKのノーマルマフラーが余っている話になり、急遽R750L/Mに付くのかを試しました。俺も暇だな。(笑)

 結果からいうと、ほぼボルトオンです。これは、サイレンサーバンドがRKのは別体式であるため、穴位置の調整が非常に楽だったことが一番大きな要因かな。もっとも、こちらでもレポした通り、集合部分の仕切り板の形状が若干違うので、嵌合長などに若干のミスマッチ感は残りますが、力技を使う事なく無事装着できました。(ちなみに、テックサーフのスリップオンはRK/L/M3モデル共通みたいですね)

 私のRは逆輸入車なので、この換装には出力的に何のメリットもないのですが、アルミ巻のアンダーカットされてない図太いサイレンサーはやっぱ、むちゃくちゃ格好イイです。小さな排気孔が可愛らしいですけどね。(笑)

 以下、装着状態の詳細です。ご参考にどうぞ。

 R750LのエキパイにR750RKのマフラーを嵌合させた部分のUP。各種穴位置は全く問題無く付きます。

 これが仮組(とはいってもほぼ本組み)した姿。スイングアーム、トルクロッド、タイヤとの干渉もなし。サイレンサーステーの位置を調整することでタンデムステップ部分の固定穴に問題なく固定できます。

 RKのサイレンサーステーはタンデムステップを「挟み込む」形状ですので、取り付けにはご注意を。

 アルミサイレンサーがレーシーですな。

 こっちがノーマルのLのマフラー部分。比べるとちょっと細くてレーシー度合いは低いかな。ま、ステンにはステンの格好良さもあるので、これはこれでいい感じだと思ってます。

 こっちが国内RKの排気孔。きちんと測ってないけど、多分内径32mmぐらい。全体的なサイレンサーのボリュームからするとちょいと寂しいサイズではあります。

 こっちは輸出R750Lの排気孔。内径は多分35mmほど。全体的なバランス(サイレンサーサイズに対する排気孔の比率って事ね)はやっぱ「フルパワーモデル」のが一番自然に見えますな。

 ま、馬力規制の機能パーツでもあるので仕方ないか>国内モデルのマフラー


 関連コンテンツ

  ●油冷エンジンモデルのマフラーの互換性
  ●'89 GSX-R750RKエキパイへの交換


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.