Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●自走野郎の車載工具


しかしまぁ、沢山入ってるもんだね、ほんと

 ちょいと事情があって(笑)、シングルシートをタンデム仕様に戻しました。この仕様で乗るのは結構久々で、いつもの見なれた我がRがちょっとだけジェントルに見えるのが不思議。

 で、このシングルシートカウルなんですが、格好イイというメリットのほかに、積載空間がかなり広がるというメリットが大きく、私は結構重宝していました。が、このタンデム仕様だとこの空間が綺麗さっぱりなくなっちゃうので、これまで積んでいた車載工具を積めなくなってしまいました。ま、せっかくなので、講習会系『自走野郎』(笑)がどんな工具を日常的に積んでいるのかをご紹介しておきます。

 上の写真がそのほぼ全容なのですが、順番に列挙してゆくと、

....っとまぁ、こんな感じです。書いててなんか自分でもびっくりですな。(笑)バイクを預ける度にSBS店長に指差して笑われるのも頷けます。(笑)

 で、何も工具自慢をここで始めるつもりもありませんし、実際、積んでいる工具は、バイクに付いてる車載工具よりはかなり上等ですけど、いわゆるブランド品は殆どなく、ホームセンターで安売りされているものが殆どです。まぁ、日常的なツーリングでここまでの工具類が必要だとは私もさすがに思いませんが、これだけ積んでようやく「安心感」が涌いてくるのは、「バイクは基本的に一人の乗り物、且つ、転ぶ」からと私が思っているというのが一番の理由です。勿論転ばないに越した事はありませんが、転んでも、バイク屋まで、あるいは自宅まで、なんとか独力で帰れることを前提に考えるとやはりこれ位は欲しくなっちゃうんですよね。

 反対に、アクスルを緩めたり、車高を調整したりといった、比較的大掛かりな整備をするために必要な工具は綺麗さっぱりカットしています。これを考え出すと最終的にはトランポにまで行き着いちゃいますし、あまりに大きな工具は、自走の「楽しみ」をスポイルしちゃいますしね。わざわざリュックに詰め込んでしまうとバイクの楽しさが半減してしまうと思うのです。最近のバイクだと、かなり広いユーティリティースペースが初めから用意されている事が殆どだと思いますので、カッパなどの他に、多少でも使い勝手のイイ工具類を少しだけ用意しておくと、出先での安心感がかなり違うと思いますよ。

 で、その際、最初に用意する物をお勧めすると、

だと思います。針金やガムテープもそれ程かさ張らないので、あればなお安心。あとは、車載工具の品質と、自分のバイクの実際のボルトを見比べて、必要なものを順次足してゆくと無駄な買物もしなくて済むと思います。

ちなみに、これらを収納しているバッグ(?)はこんな感じ。


テクラの革製セカンドバッグの成れの果て。最初はきれいなグローブ色だったのになぁ。

 隣のセブンスターと見比べてもらうと分りますが、結構場所をとります。(笑)けどまぁ、ここまで積んでいる人はかなり珍しいと思いますので、筆箱とか、何かのおまけの袋とか、そういうものを利用して収納するのが一番でしょうね。

 ご参考になればイイのですが。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.