Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●リアブレーキパットの交換-その5

【05.11.19】


Project μさんのECO SPORTSってパッドです。

 ライニングが剥がれ落ちるという衝撃の結末から半年強。急遽リプレイスしたRock'n Beat Racingさんのシンタードパッドの残量がいつの間にか2mm程度にまで減っておりました。(泣 前回このパッドを使った時は15000km以上楽勝で使えたんだけどなぁ…

 まぁ、嘆いてみてもライニングは復活しませんし、走行会も近い事ですので、あわててパッドを手配の上、交換作業を実施。今回選んだパッドはNプロジェクトさん扱いのProject μ Eco Sportsパッド(これもシンタード)です。Rock'n Beatさんのシンタードも同じProjectμ製なんですが、摩材の主成分が違うようで、今回のECOパッドはかなり銅色が強いです。

 交換作業自体はいつも通りですので、大幅に割愛。(手抜き)

 上がこれまでのRock'n Beat Racingさんのシンタード、下がこれから使うシンタードです。こうやってみるともう少し交換を引っ張っても良さそうな気もしますが、スズキの吊り下げキャリパーはどうやっても偏磨耗を防げませんので、早めに交換をしておいた方がなにかと安心出来るように思います。

 で、雨でも走るとリアのパッドピンはすぐにこんな感じになってしまいます。(泣 スペアパーツの手配などしておりませんので、このピンはこのまま再利用。同時にキャリパピストンのブーツの破れなども点検し、ピストン内側の錆も少し掃除しておきました。

 ピンを磨く時はこんな風にハンドドリルにチャックして、CRCを付けた耐水ペーパーで一気に磨き上げるのがラクチンです。

 あ、電動工具を使う時は、軍手は使わないのがセオリーです。繊維が巻き込まれた時にかなり危険ですので。

 Mac乗り換え時のデータ引き継ぎに失敗し(泣、過去の履歴が奇麗さっぱり消え失せましたので、今後はWebにも残しておこうかと。(汗)

 はっきりした距離は不明ですが、色んなデータ(5/5に77777kmまであと40kmなんて記述もあるので)を総合すると、今回のパッドは約12000km弱程使った模様です。北海道に行ったので走行距離が伸びてはいますが、ブレーキなんて北海道では殆ど使わないので、やっぱ今回は何故か寿命が短かったみたいですね>Rock'n Beat。阿讃サーキットや猪名川練習会など、リアをハードに使う機会が多かった影響もあるのかもしれません。


 ってことで、これといった山場も無く(笑)、交換はつつがなく終了致しました。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.