Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●小ネタ集

【04.07.03】

 いよいよ本格的に更新ネタに困ってきた感がありますね。(笑) ファイル名が tips.html ってのも大風呂敷だと思いますが、まぁ、ご参考にどうぞ。

 水抜き穴

 GSX-Rにはセンタースタンドはありませんので、駐車する時はサイドスタンドを使うことになりますが、左側が下がる関係で、雨が降るとシート下のこの部分に水が溜まってしまいます。

 シートの陰になりますので、一見乾いているように見えても、跨ってスタンドを払うと右側の太股内側にじわぁ〜っと冷たい感触が広がる事多数。変な疑いを掛けられかねない位置でもありますので、2箇所ほど水抜きの為の穴を開けてあります。

 効果は結構ありますよ。

 プラグキャップの抜け止め

 結構有名な小技なので実行してらっしゃる方も多いと思いますが、キャップとコードの接合部を細いタイラップで縛り、コードの抜け止め&雨水の侵入によるリークを防止しています。

 最近は100均でもこのサイズのタイラップは販売されていますが、ホームセンターで買う方が量も多く、耐候性も高いです。

 プライヤを使ってかなり強く締めこむのがコツといえばコツです。

 磁石付きクリップ

 あまり必要性を感じない人も多いでしょうが、磁石付きのクリップをタンクに貼り付けておくと結構便利です。

 磁石は落としてしまうと砂鉄などを拾いますので、タンク側には透明のカッティングシートを貼り、傷付きを防止する等の工夫をして下さい。

 4年ほど付けっぱなしなのですが、一度も盗まれたことはありません。(笑)

 時計

 以前、何かのショットで紹介した事がありますが、安物の腕時計のベルトを外し、強力マジックテープで右側ハンドルスイッチ上部に貼り付けています。

 走行中でもそれほど苦もなく時刻を確認出来ますし、マジックテープをしっかり選べば振動での脱落もありません。

 駐車中は左にハンドルを切ってロックする関係で、カウルの陰になるのか、これまた一度も盗まれた事はありません。

 計測器のベース取り付け

 サーキットなどでのラップタイム計測に使うトランスポンダの取付ベースを購入し、この位置にマウントしています。身体への干渉は無し。βピンは脱落防止の為、ベースプレートにワイヤーロックしています。

 阿讃サーキット&TIサーキット対応…だったのですが、噂ではTIの計測器はモデルチェンジしたとか。(泣

 カウルの脱着、エアクリーナの交換、リアサスの取り外しなど、このベースを外す事なく行う事が出来ます。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.