Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●リアスプロケットのノーマル化


かれこれ33000km以上使い込まれたリアスプロケット
っとはいえ、それほど目立った磨耗は無いですね。

 フロント15T、リア45Tの二次減速比=3.00 この仕様となってほぼ3年、距離にして33000km以上乗り続けてきた事になります。チェーンの引き代も殆ど変化が無く、また、スプロケットの磨耗も全く進行しないので、だんだんと不安になって…って事は全くないのですが(笑)、思う所があり、納車時に付いていた純正の43Tノーマルスプロケットに取り替えてみました。

 というのも、一時期ほどパイロン系の講習会に参加する機会も減り、走るステージは主に街乗りと月に1回のスクールでほぼ固定になってきた事、また、たまに走る国際サーキットで減速時のエンブレでのリアのホッピングが少し気になってきたからでした。今までと比べると少しロングになりますので、燃費にも多少貢献しそうですし。(笑)

 ただ、お盆期間中は生憎の天候が続きましたので、今のところ比較インプレ出来るような状況ではありません。今週末にスクールが開催されますので、その際にまた追記出来ると思います。


【03.08.24】追記

 猛暑の中(泣)開催された猪名川サーキットのスクールでこの仕様を本格的に乗ってみましたが、熱ダレ時に若干発進に気を遣う程度で、思ったよりもネガは見あたりませんでした。まぁ、以前の仕様と比較するとタイトターンでの立ち上がりなどのダッシュ力はないのですが、メイン/バックストレートエンドでのフルブレーキ時のエンブレが結構軽減され、結果的にシフトミスも減りましたので、一長一短って感じかも知れません。っつか、ダッシュ力不足はライン取りやスロットルワークを工夫すればそれなりに対応も可能ですので、現時点では長所の方が際だつ感じがします。納車当時は非力に感じましたが、ノーマルのファイナルレシオもやっぱり捨てた物ではないですね。

 そうそう、チェーンはそのまま使い回していますので、若干チェーンの「鳴り」が大きくなりました。まぁ、「ガチャガチャ」といった類の音ではなく「ヒュ〜〜〜ン」って感じの音なのでそれほど気にはならないのですが、出来ればチェーン/スプロケット類はセットで新品に交換するのが一番イイのでしょうね。


【04.05.02】追記

 カバー内清掃のついでにフロントのスプロケットの状態をチェックしてみました。前回の交換が2000年の6月ですのでほぼ丸4年、距離にして38000km以上!の走行ですが、まだまだ使えそうです。儲からん客だな←俺(笑)

 最上段のリアスプロケットもそうですが、アルミ/鉄の素材に関係なく磨耗の進行が最小限で済んでいるっぽいのはやっぱりチェーンへのマメな給脂が効いてるんでしょうね。

 全然関係ないですが、このスプロケは純正サイズ(15T)なんですが、これ以上大きなサイズ(16T)とかにするとカバーのボルトに干渉しちゃいますね… タイトな設計だ。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.