Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●リアブレーキホースのステンメッシュ化


統一感が無いフィッティングだなぁ....(笑)

 かなぁ〜り昔のSilly Talkで「私のRのリアがノーマルのゴムホースのままなのは別にコントロール性を狙っている訳ではなく、単に「費用対効果」が悪いからでして、コストに見合う効果が得られない事を「経験上」知っているからです。所詮足で操作する部分にコントロールも糞もないしね。」なんて書いていたのですが、宗旨替えして(笑)、目出たくリアのブレーキホースがメッシュホースと成りました。(笑)

 というのもですねぇ。

 実は様々な縁あって、某氏のR750Fのフロントキャリパを油冷後期に採用されているNissin 4P キャリパに換装するプロジェクトを進めていたのですが、その際R750Fにもともと付いていたメッシュホースの長さがキャリパ換装後どうしても3cmばかり足りず、泣く泣く新品を手配する必要が出てしまいました。作業途中で何日もほっておける状況でないのは私も某氏も同じだったのでいつもどおり(笑)SBSに泣きついたところ、運良くというか、1100カタナのファイナルエディション用キットのステンフィッティングバージョンが「不良在庫(発注ミスとも言うらしい(笑))」として眠っておりました。お互い渡りに船ってことで商談成立。無事R750Fに関しては事なきを得ました。(実はちょっと長い) 必然的に、元々付いていたメッシュホースが2本余ってしまうわけですから、それじゃお互いのリアブレーキに1本づつ転用しようと相成った訳です。

 この角度から見れば良く分かりますが、バンジョーボルトは純正の鉄製、バンジョーはステンレス、フィッティングはアルミと、非常に賑やかな接合部です。(笑)

 というのもR750Fへは元々付いてたストレートフィッティングを利用してキャリパーと繋げましたので、カタナのキットに含まれていたステンバンジョーが余っちゃったんでR750Fに付いてたメッシュホース(アルミフィッティング)に装着。で、当然ステンのバンジョーボルトも余ってるんですが、これがピッチ違い(R750=1mm、カタナFEは1.25mmらしい)で使用不可。仕方なく純正ボルトを再利用です。

 あまりに格好悪いようだったら折を見てアルミのフィッティングをペンキで黒く塗るつもりです。(笑) 指差して笑うのはやめて下さい。(泣)

 こっちはマスター側。こちらは陰に隠れているのでそれほど目立ちませんね。もちろんボルトは純正の鉄製です。(笑)

 肝心の効果ですが、実は結構好印象で驚いています。踏み始めの部分でのコントロール性が少しダイレクトになった感じ。けどこれ、入念なエア抜きの効果(ホースの入れ替えなのでどのみちフルードは全入れ替えになった)のような気もしますので、本格的な評価はもう少しきちんとスポーツ走行をした後になります。


【02.04.30】

 昨日の琵琶湖ツーリングから戻ると何故かフィッティングからじわじわとフルードが....(泣) 仕方がないので先ほどまでかかって再度ノーマルのホースに交換しました。なにやってんだか。夜間整備はあまりやりたくないんだけど、背に腹は換えられん。(困)

 まだ外したメッシュホースをばらしてないんですが、多分オリーブの入れ替えで復帰できると思います。今回のトラブルの原因は恐らくR750FにNissinキャリパーを付ける際、長さが足らないのに何とかしようと悪戦苦闘したときにストレスがかかったのだと思いますが、けど、ここ最近メッシュホースのトラブルをよく見聞きする(知り合いのNSRもフィッティングが割れた)ので耐用年数は案外短いのかもしれませんね>アルミフィッティング


【02.12.14】

 ずっとほったらかしだったメッシュホースですが、別件でリアブレーキ周りをいじっているのにあわせ、再度装着にチャレンジ。とはいっても以前のままではまたフルードが漏れますので、オリーブの交換をする必要があります。南海部品ではえげつない値段が付いているステンホース用のオリーブですが、プロトさん経由で取れば100円/個です。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.