Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●ボルトをなめた…

 それは先週の週末の出来事。ちょこちょこ車体周りをいじりながら、何気なく、ほんと、何気なくステップ周りに目が行く。実はこのところ可倒式ステップを固定式に変えたくてしかたがなかったのです。(別にバックしなくてもイイ。できれば前に、少し上にがベスト)

 で、ノーマルのコの字型のステップホルダの取り付けがどうなっているのか(平ワッシャを折り曲げて回り止めになっている)を確認したくて、ステップホルダを外そうと思い立つ。が、レンチをかけたんだけど、6mmのヘキサボルトで止まっているプレートの締め付けトルクは想像以上に固く、工具をしっかりかけずに回すと…

 ニュィぃぃ〜〜

とした嫌な手応え。(泣)ハイ、約6年ぶりにボルトをなめてしまいました。(号泣)

 それなりにバイクいじりにも慣れてきて自信もそれなりにあったのですが、きっと油断していたのでしょうね。ヘキサゴンは構造上、滅多になめないボルトだし。が、一旦なめてしまうと、これほど緩めにくいボルトも無い。難儀な事にボルト穴は座グリがはいっていて、マイナス溝を切るとかいう技も使えないときたもんだ。とほほ。

 とりあえず、ボルトを緩める事は諦め、純正ボルトをバイク屋に発注。

 で、届いたボルトは… 品番統合で全く形の違うものでした。(笑)ま、ちょっとは形は格好イイけどね。1つだけ違うってのも格好悪いので、残り3本も発注。で、届くまでの間に、このなめたボルトを抜き取る事にしました。

 作業はかなり大掛かりで、電気ドリルが大活躍。1mm→2mm→3mmと順次下穴サイズを広げてゆき、最終的に6.5mm径の穴を約10mm掘り進みます。で、ラチェット用の6mmヘキサのコマを下穴にハンマーで打ち込み、レンチをかけてようやく緩める事に成功。外したネジの座面とネジ山には赤いネジロック材がたっぷりと固着しておりました。

教訓:やっつけ仕事は結局遠回り。(笑)作業の段取りは確実に。


【00.05.21.】

 ちなみに、統合されたボルトはヘキサのサイズが6mmから8mmに変更になていました。きっと沢山の人がボルトをなめたんだと思います。(笑) それと、品番統合がかかっているのは左側(43529-17D10)だけだったみたいで、右側(43529-17D00)は......今付いているのと同じものが届きました。とほほ。(泣)単価は@120円です。

品番統合がかかっていないノーマルボルト

品番統合後のボルト

 え?何故ホームセンターで汎用のヘックスを買わないのかって? ネジピッチと座面の広さ、及び頭の高さが違うのです(純正の方がピッチが狭い)。東急ハンズまで出かければあるんでしょうけど。

 左右でブラケットを止めるネジが違う、格好悪いバイクになってしまったので、折りを見てハンズに買出しに行ってきますです。


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.