Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS

●油冷750と油冷1100/1200系エンジンのスタータカバーの互換性

【06.06.12】

 また随分と長いタイトルですが…

 整備中にバイクを倒しケースカバーを割るという、かなり情けない事態に陥ってしまった訳ですが、Yahoo!さんのオークションで安く落札した、GSF1200系の物と思われる転倒傷のあるカバーをアルミ系のパテでさくっと補修、換装するついでにGSX-R系のカバーとの違いをメモしておこう… ってな企画だったのですが、あっさり頓挫。 …ダメじゃん(泣

 けどまぁ、せっかくですので、一応レポートしておきます。
 愛用のアルミ系エポキシパテ。デブコンって製品が有名ですが、これはLPS INDUSTORYって会社のStorong Aluminumって製品です。

 2液の等量混合型でかなり使いやすく、オイルやガソリンに対しても耐性が高く、熱にも強いです。

 ただ、完全硬化に15時間程掛かるので、急ぎの作業の場合は粘土を切るタイプのパテの方が使いやすいでしょう。

 これが今回の素材のスタータカバー。色が銀色なので、GSF1200系のカバーなのかも。

 転倒が原因と思われるかなり大きな傷が入ってますが、割れやクラック等は無し。

 ちなみに落札価格は1100円でした。

 混合したパテを脱脂したカバーに盛ってゆきます。水に濡らした指で表面を均しておくと、あとの研ぎが楽です。
 乾いたあとにざっとペーパーを掛けたところです。アルミ系のパテですが、完全なアルミ色とはいかないようですね。
 研いだ部分のアップ。(クリックで拡大)

 カウルで隠れる事が前提ですので、整形や研ぎもいい加減ですが(笑)、それなりに金属感は出るようです。

 ちゃんと塗装すればそれなりに奇麗になりそうな予感。

 
 で、カバーの用意もできましたので、さっくりと換装に取りかかる事にします。

 割れたカバーを応急補修したR750のケースカバー。

 新品がもう少し安ければこんなにバタバタしなくても済むんですけどね… 貧乏は嫌だ(泣

 カバーを剥ぐって新しいカバーをあてがってみたところ。こうして見ると銀色のカバーも悪くないなぁ…って気がしますね。

 で、ガスケットを脱脂して、本格的に装着の準備に取りかかろうとしたところ…

 …あれれ??

 ダメじゃん(号泣

 予想外の事態に慌ててガスケットをあわせてみると、9本のネジ穴のうち、セルモータ部分(写真だと一番左)の形状が合いません(泣
 その部分の拡大図。

 穴位置で実寸5mm位でしょうか、750系のカバーから外側に広がってます…

 とほほ(泣


 これではどうあがいてもこのカバーは使えませんので、あっさりとお蔵入り決定。まぁ、ケースのかなり上側の部分が合わないだけなので、緊急時の補助部品程度には使えるかも… ←無理(笑)

 仕方が無いので、緊急補修済みのR750のケースカバーをもう一度しっかりと補修して当面の間しのぐ事にしました。

 クラック部分だけでなく、斜めにカットされたカバーの全面にパテを盛って強度を確保。
 裏側も、リブの窪み全面にパテを盛ってあります。

 そうそう、R1100系のカバーはよく分かりませんけど、R750系のカバーの裏には前述の通り、補強用と思われるリブが立っていますが、今回手配した1200系の物と思われるカバーにはそういったリブがありませんでした。バンク角対策のケース下部カットもされていない上、塗装も単なるクリアが標準のようですから、リアのディスク同様、それなりにコスト圧縮が図られているようですね。

 再補修前のR750用スタータカバーの裏側。ちなみに、R750RKのカバーは一般のR750系エンジンには装着出来ない筈です。(穴位置は合いますが、スタータのワンウェイクラッチのサイズが異なるため、裏側で干渉してしまい、締結が出来ません。
 同じく、GSF1200系用と思われるスタータカバーの裏側。リブも何も無い、完全なプレーン形状です。

 けど、エンジンがむき出しなネイキッドにこそ、リブが必要なようにも思いますが…

 中央部には48Bの刻印がありますので、ガスケットの品番からすると1100/1200系で間違いなさそうです。


 っとまぁ、「同じ油冷エンジンなんだからどうにでもなるだろう」っと、確認もせずに部品を手配したしっぺ返しを喰らった形ですが、スズキさんとしてもこんなカバーなんて1100/750で共通にしたかった筈ですし、カバーの穴位置が合わない=ケース形状から異なる訳で、私なんかが思っているよりも1100と750のエンジンは相違点が多いんだなぁ…なんて妙に実感したりして。っつか、ガスケットの品番位調べりゃ良かったなぁ…(泣

 形状から察するに、たった5mmを「動かさざるを得なかった」のは、セルからの駆動をクランクに伝えるアイドラーギアの大きさや歯数(750は12/52、1100は12/53)が原因っぽいですね。ケースカバーは一応セット出来る=アイドラーの中心位置は同じですし。セルモーターの品番も違いますので、750のモーター&アイドラーギアの減速比のままだと1100系のクランクを回せなかったんだろうなぁ…なんて想像しております。開発の順番が逆なら、きっと同じ部品だったろう…なぁんて思ったりもしますが(笑)、その真面目な開発姿勢には少し感心してしまいました。

 結論:

 …この余ったスタータカバー、誰か要りませんか?(笑)

GSX-R FAQに戻る


このページの先頭に戻る

Top About New GSX-R R750L R750K4 Life ETC Silly Link BBS


Copyright © 1999-2010 Tatsuwo. All rights reserved.